テレワーク、リモートワークな働き方は「働き方改革」でも提唱されていましたが、新型コロナウイルス感染症への対応をきっかけとしてこれからその導入が浸透していく業界や企業も多くなりますね。

リアルなコミュニケーションとはオンラインというツールを介していますので、オンラインコミュニケーションだからこそより意識しなければいけないこともあるわけです。

そうしたポイントをコミュニケーションが相手に与える影響を言語情報、聴覚情報、視覚情報から示した「メラビアンの法則」をもとに、オンラインコミュニケーションにおけるメラビアンの法則を考えながらの楽しく学習する講演。

視覚情報の大切さ感じていただきたいのでzoomを活用したオンラインセミナーです。

オンライン講演「テレワーク時代のメラビアンの法則」~オンラインコミュニケーションの大切なポイント~

メラビアンの法則。

言語情報7%、聴覚情報38%、視覚情報55%・・・この数字はどこかで聞いたこと、見たことある方は多いのではないでしょうか。

正確には言葉や言い方、表情態度に矛盾がある中でそのコミュニケーションが相手に与える影響という前提がありますが、広く世間では「コミュニケーションが相手に与える影響」は言葉や言い方よりも表情、態度という非言語コミュニケーションの影響が大きいよ、という分かりやすいメッセージになっています。

オンラインコミュニケーションではこの数字がどう変わってくるのか・・

楽しいオンラインコミュニケーションワークを体験しながら考えてみるだけでもオンラインでのコミュニケーションの大切なポイントが浮かび上がってきます。

四角い枠の中でのコミュニケーション。相手はイヤホンなのかPCスピーカーなのか。自分の写っている姿や背景はどうなのか。きちんと伝わっているのか・・・

オンラインセミナーの様子
オンラインセミナーの様子

これからますます機会が増えるオンラインコミュニケーションを楽しく学習しましょう。

あなたの表情は誰のためにあるのでしょうか。