労働組合オンラインセミナー「レジリエンスを高める仕事術」~折れない心を育むために~

企業労働組合神奈川支部主催の講演会。もちろんオンライン。zoomを活用しました。講話は少なめ、ワークを通して対話していただくことが集中力の持続とともに不安が大きい時代だからこそ人と人とのつながりの大切さの実感につながります。

久しぶりの講演会!

相次いで講演や研修が中止や延期になっていくなかで、どうすればいいのだろうと途方に暮れていたときに・・忘れもしません、4月7日のことです。緊急事態宣言が発令された日です。まず出版社の編集者様からプレゼンが通りましたと出版へ動き始めるメールをいただき、その後、講師派遣会社様からzoomでの講演できますか?この日は空いてますか?と連絡が。そう、今回の講演のことです。

4月7日はそれまで不安で身動きが出来なかった自分が動き出すきっかけとなった日なのです。そこから毎日原稿を書き(初校は提出済みですが、本の性格上、新型コロナウイルスの動向により内容を見直していく必要があるので出版まではしばし先の予定です)、そしてzoomの勉強を始めました。

オンライン・メンタルヘルスセミナーのチラシ

講演チラシなんて久しぶり!といいますか、講演自体が2か月ぶりですもん。

緊張・・してました。講師活動始めて16年ですがこの種の緊張は初めてです。

パソコンを操作しながら・・この点における不安です(汗)。

zoomはいろんな機能があって集合研修に向いています。とはいえ、その操作をしてくれるテクニカルサポートの方が隣にいるといいのですが、今は特に難しいですもんね。

講演しながら、ファシリテーションしながら、機械を操作しながら、入室の許可を出しながら、グループワークの人数や時間を打ち込んだり、今回はBGMをシンキングタイムで使いましたからスマホを触りながら、、、脳は2つのことを同時に処理するのが苦手というマルチタスクに不向きと言いますが、、、やらねばならぬ環境だと脳も覚醒するようです(笑)。

出来ます。はい。ただ、今回少し操作ミスでトラブルありましたが(滝汗)、早期のリカバリーが出来たのですが、、あれがうまく対処できてなかったらと思うと、、こ、怖い。

でも、こうしたことが自分自身のアップデートにつながります。何事も場数ですね。やってみなければ分からないことがたくさんある!こうした思考もレジリエンス(ストレスへの回復力)!

レジリエンス(ストレスへの回復力)

上手く進行するにはいくつかポイントを押さえなくてはいけないことが分かっていました。参加自由の講演ですから、実際に何人参加されるかはその時にならないと分からない、zoomが初めての方も多い、リアルならば空気感で読めるものがオンラインではわかりづらい、などなど、いろんなことを想定してポイントを押さえておく(インストラクションを丁寧にするなど)必要があります。そこはまた別の機会に落ち着いたら書きますが、今回の講演では「セルフマネジメント」と「人間関係・コミュニケーション」の2つの軸で進めていきました。

超参加型です。

一方通行の講義形式ですと、話術に長けていても集中力が持たないのがオンラインセミナー。

対話やお絵かきや身体を動かすワークなど盛り込みながら!

zoomセミナー

この画面は参加者がブレイクアウトルームに入ってグループで対話されているシーンです。僕が各部屋に入って中の様子を知ることも出来ます。で、中に入るととっても盛り上がっていて安心しました。ただ、すべての部屋がそうだったのかはわかりません。また時間設定するのですが、それが適切な時間だったグループもあれば、短かった、長かったグループもあるでしょう。このあたりの空気が読めないのがオンラインがリアルに劣る点ですね。これも僕は講演後にヒアリングしながら僕の経験知を高めていく必要があります。すべて学び。学びを止めないこと。

労働組合オンライン・メンタルヘルスセミナーの様子

不安が漂う世界に光を届けるべくがんばっている企業の方々です。みなさんの奮闘に感謝しながら、みなさんのリフレッシュにつながれば、笑顔と元気を分かち合う場になればという思いで講演させていただきました。

みなさま、ありがとうございました。また、このチャンスをくださった講師派遣会社様にも感謝です。ありがとうございました。

来週はオンラインでのコミュニケーション講演会があります。

第二創業のような気持ちでコツコツがんばっていきます。

心に優しい時間。心が喜ぶ時間を大切にお過ごしください。

リアルな場で多くの方々とご一緒できる日を楽しみにしながら、しばらくオンライン漬けです^^

Follow me!