大学病院で新人看護師研修「2年目に向けて!こころ元気に仕事をするには」(徳島県)

徳島大学病院での新人看護師フォローアップ研修。今年度で6年目。またここ数年は年に2回(6月と1月)、講師としておじゃましているので、これで何回目だろうか。何度も講師依頼をいただけることは講師冥利に尽きる誉です。毎年楽しみにしてる研修のひとつでもあります。

1月17日 神戸の街を眺めながら

徳島へ向かう交通ルートとしては、神戸から高速バスで淡路島を通って向かうことがほとんどです。今日もそのルート。新神戸駅から三宮、高速舞子を経て徳島へ。

新神戸駅からの景色

新神戸駅からの景色。生田川の少し右側を行けば三宮です。25年前の同じ日、この駅から徒歩5分もかからない場所に暮らしていました。大きな揺れのあと・・身体の震えもとまり、夜が明け始め、バイクで生田川を超えて、三宮方面へ向かう途中で目に入ってきた景色は今も忘れていません。思わずバイクを停めていました。サイレンもまだ鳴り響いてなく、とても静かだったことを覚えています。

バスは神戸の街を行き、明石大橋へ向かう。ボーと街を眺めながら、あの日のことというより、あの日から今日までのことなんかを想っていたりしてました。もう25年も経つんですね。

11時半ごろに徳島駅前にバスは到着。昼食をすませてから、大学病院へ向かいます。6月は午前午後の1日研修ですが、1月は午後の3時間研修。

徳島大学病院 新人看護師研修

入職から9か月をふりかえり、また4月からの2年目に向けての心の整理整頓の時間。久しぶりに同期が集まり、対話を重ねることで、共感や刺激をとおして、自分軸の再確認・再構築です。

看護師研修の様子

昼食後ということもありますし、研修への緊張感や仕事での疲れもあるので、まずはからだほぐして、こころほぐしの時間です。会場の空気が一変します。その空気が好循環していくための力となります。仕事も然り。

看護師研修に笑顔ひろがる様子

そして、いろんなお題を通して対話学習。批判否定なしの場で自由に語り合うことはリフレッシュ効果も抜群ですので、対人援助をお仕事とされる新人の皆さんにとって、少し立ち止まって自分を見つめる意味でも意義深い時間だと思います。走り続けて自分を見失っていることもあります。正月という節目を経て、もう一度「一」という初心を「止」める。「正」はそういう風にも読めますね。そういう時間になればと研修内容を組み立てています。

新人看護師研修でのコミュニケーションワークの様子
看護師の皆さんの研修の様子

笑顔いっぱい咲きました。病院を利用される方々が少しでも笑顔になるために自分たちが出来ること。これからのご活躍を祈念しております。

みなさま、ありがとうございました!

事務局のみなさまにもいつも手厚いサポートいただいており、感謝申し上げます。ありがとうございました!

追記 

徳島駅前に到着したのが11:30すぎで、昼食の時間があまりないこともあり、いつもは駅前の徳島ラーメンの繁盛店ですますことが多いのですが、今回はスマホで調べて徳島駅ホームにある麺家れもんさんに。祖谷そばを食べることが出来ます。これがホント美味しい。スープが最高でした!

徳島駅の駅そばの写真

鉄道に乗らなくても改札口で駅そばを食べたいと伝えると整理券を渡してくれて入場できるんです。徳島のソウルフード・フィッシュカツも食べること出来ますよ。機会があればぜひ!

Follow me!