業界団体で講演「魅力ある職場づくり~早期離職を防ぐために~」

家からバスで20分ほどの距離が会場。岐阜バスのayucaカード利用しています。出来るだけ公共交通使うようにしています。講師としてのリスクマネジメントですね(^.^)

 

早期離職は中小企業にとって、大きい痛手です。1人辞めたら、次、採用すればいい・・これが繰り返されている企業は近い将来かなり厳しい状況になるように思います。辞めていく背景にあるものを改善していないと、同じことが繰り返すだけですから・・労働人口が減少していく、採用が難しくなってきている中で、人材定着は多くの企業の課題になっています。

魅力ある職場とは、そこで働くことがうれしい、あの人たちと仕事できることがうれしい職場であり、自身の成長や貢献が実感できる職場でもあります。言い換えれば、そこで働くことが嫌だ、あの人たちと仕事をするのが嫌だ、となると、若者たちはもっといい場所を探そうとします。多くの企業が人材募集していますので、選択肢はたくさんあるわけです。

給料を大きく改善することや業務内容を変えていくことは難しいことですが、人間関係やコミュニケーションはその気になれば改善できることです。成長や貢献実感もコミュニケーションのなかから得られることも大きいものです。貢献実感にしても、お客さからのありがとう、だけでなく、リーダーや先輩からのありがとう、も同じです。ですのでパワハラなどは人的損失へ直結しますね。

人間関係やコミュニケーションという職場の空気につながることから変えていく、変わるから化ける、変化の道理です。

変わらないと現状のままか、人的損失などにつながり、忙しくなり、ぎすぎすし始めて、さらに悪化します。仕事は人間関係から始まる。

今回は某業界の経営者や幹部の方々が集う会合でしたので「職場の空気」という視点でアクションプランを考えていただきました。人間関係は職場の空気にダイレクトにつながってます!そして、空気づくりは新人からトップまで誰もが出来ることがありますもんね(^_-)-☆

 

Follow me!