新入社員研修「営業職・レジリエンス研修」(京田辺研修所)

2日、3日と京都府京田辺市にあるパナソニックLS創研・京田辺研修所でした。

営業職・新入社員研修(レジリエンス研修)を9:00-17:00で担当させていただきました。

パナソニックグループさんはじめ、研修所を利用される様々な会社の新入社員の方々でにぎわう時期。多くのフレッシュな方々の空気の中で清々しさをたくさんいただきました!

レジリエンス学習とはストレスに対する回復力を引出すための学びであり、折れない心・しなやかな心を育てる知恵がたくさんあります。僕は回復するだけでなく、より元気になるポジティブなアプローチで!

新入社員の皆さんには通常は入社数か月後のフォローアップ研修などでこうしたストレス対処の学習をしていただく場を担当することが多いのですが、入社後すぐの1日研修では初めてかもしれません。でも、この時期に学習しておくことはとてもいいことだと思います(次から次へとやってくる課題への取り組み方のために、そしてメンタル不調を防ぐために、さらには早期離職防止・人材定着という視点からも)。

松下幸之助のメッセージ

研修所の入り口正面には松下幸之助さんのメッセージがどん!このメッセージはレジリエンスへの大切なアプローチでもあります。

研修所の桜

研修所の桜も新人の皆さんの開花を応援してるかのようです!

ちょうど新元号「令和」が発表されましたので、そこに込められた意味と社会人としてのあり方をリンクさせながらお話させていただき研修スタート。気づき学び、刺激、共感・・知識も大切ですが、意識を高めることに軸を置いています。意識こそ行動につながる。

新入社員研修(レジリエンス)の楽しい様子
新人研修(レジリエンス)でのエクササイズの様子
新入社員レジリエンス研修でのコミュニケーションワークの様子
新入社員レジリエンス研修での協力ゲームでの学びの様子
協力や競争のゲームでモチベーションへの気づきを深めていただくワークの様子(新入社員研修)
新入社員研修でのグループワークの様子

対話を重ねたり、身体を動かしたり・・・楽しい学習エクササイズを通して。壁はストレス要因となりますが、一方で壁は成長の糧でもあります。壁は人や組織の可能性の開花につながるのです!その意味で新元号「令和」に込められたメッセージがとてもタイムリーでした。

後生、畏るべし!を期待しております。これからの皆さんのご活躍を祈念!

一休像の写真

京田辺市は一休さんでまちおこしです。一休寺があります。僕も社会人になる前に参拝したことがあります。今回は時間がなかったので訪れることが出来なかったのですが、次回はぜひ!とんち力向上を願いに(^_-)-☆

Follow me!